占いの中には当たる占いと当たらない占いが存在します。
そして占いを信じない人の多くは、当たらない占いを見て、占いなんて当たらないじゃないかと判断してしまったのです。
当たらない占いとは、占い師の力量も大きく関係しています。
例えば霊感占いなんて、本当に霊感があるのかどうか、それとも霊感がある演技をしているのかどうかなんて素人には分かりません。
言葉巧みに嘘をついて鑑定料を稼いでいる占い師もきっと存在するはずです。

ですが、そんな当たらない占いも多い中で当たりやすい占いがあります。
それは手相占いです。
手相占いとは、手相の1つ1つにキチンと意味を持っています。
そのため占い師の力量ではなく、キチンと手相占いについて学べばそれなりに当たる占いだと言えるでしょう。

なぜかというと占いの結果は全て手のひらを見れば分かるからです。
そして手相占いが当たるのは、長い占いの歴史の中で、世界中の多くの人からの統計学で成り立っているからです。
つまり統計学のデータが増えれば増えるほど的中率はアップするという訳で、どんどん精度が上がってきていると言えるでしょう。

占いは信じないという人でも、手相占いなら信用出来るのではないでしょうか?
歴史上天下をとった人物には、同じような特徴的な手相だったと言われています。
後付けの部分があるのかもしれませんが、やはり現代社会でも経営者などで成功している人の中には天下をとった人物と同じ手相をしている。そう言われるとやはり手相がその人の運命を決めると言えるのだと信じる気持ちになれますよね。