あなたは算命学という占いを知っていますか?
その歴史は古く中国で4000年前に作られたと言われています。
その背景には当時の中国の皇帝が天下を治めるために陰陽師に研究をさせて陰陽五行を土台に人体星図と陰占宿命という算命学独自の表を作成し、干支を重ねる事で運命を占う占いです。

算命学は知らなくても天中殺という言葉は聞いた事がある人もいるのではないでしょうか?
天中殺とは算命学に出てくる言葉なのです。

中国での歴史は古いですが、日本に伝来したのは遅く、日本では戦後になって伝わりました。
ただ算命学は陰陽語学の思想と占術としての運命学の技術が必要となるために膨大な理論を使用します。
そのため先祖や子孫を三代目まで占う事が出来るのですが、算命学を習得するのは難易度が高く時間がかかるでしょう。
占いというよりも人間探究学問と考えられていて「人はどのように生きてどのように死ぬべきが?」の命題の答えを導く事が出来るのです。
代表的な東洋占いであると同時に、海外でも強い関心が寄せられている学問でもあります。

算命学は人間も自然界の一部と考え命を数字に置き換えて計算する事でエネルギーを計算します。
そしてこの計算で出た数字をもとに占います。
運命とは自然がその人を必要として役割があり、役割がなくなると自然がその人を淘汰するとされています。
つまり人間とは役割を持って生まれてきて、その役割を果たし、役割が終われば運命も終わるという事ですが淘汰という言葉がちょっと怖いですよね。

あなたも自分の運命とは何かを算命学で考えてみませんか?