占いには大きく分けると西洋占いと東洋占いがあります。
それぞれの得意ジャンルがあり、占いをしてもらう人は自分がどうゆう内容を占ってもらいたいかで選ぶと思います。
しかし占い師になろうと思ったらどちらの占いを勉強したらいいと思いますか?
どちらも勉強する事が不可能だとは言いませんが、1つの占いを極める事はとても難しい事です。

例えば占星術なんてホロスコープに配置図を書いて計算が出来るようになるためにはさまざまな知識を身につける必要があるため習得までに長い年月がかかるでしょう。
そこから同じ星や月の動きを見て占う系統だった占いであれば習得しやすいですが、ここから次は手相や姓名判断となると全く違う勉強をイチから勉強する事になります。
そして結局広く浅く全てを理解するよりも、1つの専門ジャンルに造詣深い占い師の方がきっと需要があるのです。

そのためどんな占いがあるのかその種類を調べ、その中が自分が1番興味を持った占いを徹底的に勉強する事をお勧めしたいと思います。
しかし最近は新しいタイプの占いも出現しているようです。
例えば西洋占いと東洋占いのいいとこどりをしたような占いです。

占いは古くからの伝統を守る事も大切な事かもしれませんが、利用者のニーズに合わせて、またより当たりやすい分かりやすい占いがあればその占い方法で占って欲しいと思う人が増えるのも自然な事ですよね。
占いは時代とともに変化するため柔軟な心で取り組むといいでしょう。
大切な事は占いを通じて占ってもらった人が悩みを解決したり、不安が解消されて満足する事ですよね。