日本には「鬼門」という考えが昔からありました。実はこれは風水の影響があったのです。家屋を建築するときには鬼門をさけなければならなかったのです。鬼門の方角へは扉を置かないように注意してきました。風水の世界観は日本家屋にも大きな影響がありました。

これも正確に言いますと本場の中国の風水の世界観とは異なっていました。日本や韓国も風水の影響を受けていますが、国々の事情を忖度して独自路線を進んで来たという側面も持っています。独自の風水になってきた理由としては国土の広さがあります。

中国は広大な広さがあります。しかしながら大韓民国や我が国は国土が狭いです。本場中国の風水の世界観を実現するには無理がありました。国土に制限がある建築物は、間取りが自由にはできません。鬼門であることがわかっていても玄関が鬼門の上になってしまうこともありました。風水の世界観ではタブーとされている場所にお手洗いやバスルームを配置するレイアウトになってしまうのは、ある意味仕方がないことでした。

当然ですが、運気は下がってしまいます。これも限定的な国土であるから、風水の世界観を完全に取り入れることはできません。風水的に問題がない家屋を建築する気持ちがあっても妥協点を見いださなくては完成しません。そして風水の世界観を再現しても、果たしてそれが機能的であるとも言えません。せっかく家屋を新築しても、その使い勝手がわるければ、そもそも自宅でリラックスなどできません。

どうしても、違和感があったり居心地の悪さを感じるならば、風水占いに基づいて、レイアウトを修正したほうが運気が上がるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?風水占いには、基本的な考えがあり、それは環境学をベースにして、開運に導くことです。水回りは綺麗にしておくとか、玄関の掃除はマメにしましょうなどがあります。玄関は人付き合いのキッカケにある場所ですから、清潔感が必要であるのは理にかなっています。