タロット占いで恋愛について占ってもらう。
そんな経験がある人は少なくないでしょう。
占いの悩みの大半は恋愛に関する悩みだと言われるぐらいです。

そして恋愛について占ってもらった時に、「愚者のカード」が出たとしましょう。
なんとなくカードの名前からして、不吉なカードだと思う人もいるかもしれません。
確かに愚者なんて愚かな者という意味ですから、褒め言葉には聞こえませんよね。

ではこのカードにはどんな意味合いが含まれているのかというと、無意識、自由、無知、大胆、非常識という意味があります。
つまりは、悪い結果ばかりではないという事に気づくはずです。
例えば自由な恋愛や大胆な恋愛とは、いい解釈をする事が出来ます。
人目を気にせずに、大恋愛をする事が出来るのかもしれません。

ですが、愚者のカードですから、当然悪い意味もあるわけです。
無知の恋、非常識な恋、向上心のない恋、無責任な恋など、恋愛で周囲に迷惑をかけてしまう可能性を示唆しています。

深読みすれば、相手が既婚者だと知らずに付き合ってしまったけれど、既婚者だと知ってしまった。
そんな無知で非常識な恋=不倫関係であれば、修羅場に発展するリスクだってある訳です。

自分は真剣に付き合っていて、結婚も考えていても、相手は全く結婚を意識せずに遊び相手として付き合っている可能性もあるわけです。恋恋愛感情は錯覚から生まれると心理学者が言ったように、恋愛をしている最中は好きというフィルターがかかってしまうので、相手の嫌なところにはなかなか気づかない傾向があります。

ですがそこで目をつむったところで、結局のところ長く付き合い続けても発展性がない関係となってしまいます。
そうなれば無駄に時間を費やしてしまったと言えるでしょう。
早く別れて別の相手と出会っていれば、もっと素敵な恋愛が出来たかもしれないのです。
1人の相手に執着するという事は、その他の出会いのチャンスを逃してしまう事も意味しているとしたら、終わらせる事がいい結果につながる恋もあるという事を理解しておきましょう。