宿命という言葉からは、なんとなく重々しいイメージを感じてしまうかもしれません。
占い師の人がこの宿命という言葉を聞くとかなり深刻なものを想像してしまいがちかもしれませんが、実際はもう少し軽く受け止めてもいいかと思います。
その人が学生ならば試験を受けなければならないとか、卒業をするために論文が必要というような、そういったレベルの話と考えてみましょう。

宿命という言葉にあまりにマイナスなイメージを持ちすぎて重く受け止めてしまうと、占いの結果に振り回されてしまうことになります。
占いの結果を出されたときに、それをどう受け止めるかというのは人によって変わってくるかと思います。
気休め程度のもので、自分が安心をするためのものと考えている人もいるでしょうし、勇気づけてもらうために必要なものと考える人もいるでしょう。

しかし、その占いの結果の中に悪いものが含まれている場合、考え方はかなり変わってきてしまうようです。
あくまで悪いことが書かれていても、それを反面教師にしてそうならないように気を付けよう、というのが一番良い姿勢かもしれません。
ですが、悪いことが起こるかもしれないといわれている以上、そればかりを気にしてしまうのもまた仕方のないことでしょう。

占いの結果はあまり鵜呑みにしすぎず、それに振り回されないようにすることが一番の活用方法でしょう。
前向きな考え方を与えるというのも、また占いの持つ役割の一つといえるでしょう。

占いの結果だけですべての問題を解決することはできませんが、その問題に対して向き合うためのヒントになりますよね。
何かに悩んでいて、どうにかしたいと思っていても自分ひとりだけではその問題を解決することは難しいものです。
そこで、占いの結果で背中を押してもらうことで、はじめて解決に向かうこともあるのではないでしょうか。

悪い結果にあまりに振り回されてしまうくらいならば、良いことだけを受け止めて、悪いことは無視してしまうという都合の良い受け止め方でも十分に問題はないのです。