タロット占いと一言でいっても、その中でも占い方はいくつも存在しています。
そんな中でもっともメジャーな占い方が「ケルト十字法」と呼ばれる方法です。
ではケルト十字法とは、どのような占いなのか紹介していきます。

まずタロットカードは10枚を並べて占います。
この並べる順番と、カードを並べる形が特徴的で、左側の6枚のカードで十字架の形を作り、残り4枚は縦に並べます。
カードは上から順番にめくっていきます。

1~10までのカードの何枚目にどんなカードが出るかによって解釈の方法が決まっています。
1枚目のカードは相談者の現状を現しています。
2枚目のカードが現時点で直面している問題です。
3枚目のカードは、これから起こる事ですが、すでに起こる事が予測され、起こりつつある事です。
4枚目のカードは、相談者の滞在意識です。占い師によってはこのカードで前世を占い人もいます。
5枚目のカードは、最近問題を引き起こした過去の原因を言い当てます。

6枚目のカードは、次に起こる行動、近い未来です。
7枚目のカードは、相談者の立場や役割を現しています。
8枚目のカードは、他人からの影響、人によってはライバルだったり、恋人を現すカードです。
9枚目のカードは、変化、願望、限界、不安と変化を望んでいるけれど、自分の限界を知る事への不安も現すカードです。
そして際の後10枚目のカードは、タロット占いで相談者が占って欲しい事の結論を現すカードとなります。

ただ、あくまでこれは解釈の一例にすぎません。
タロット占いの面白さとは、同じカードが出た場合でも占い師によって、全く解釈が異なる場合があるという事です。
これはその1枚のカードが現す意味が1つではなく、複数の解釈が可能なので、占い師によって変わります。
そのためその占いが当たるのか当たらないのかは、かなり占い師の技量による点が大きいと言えます。
なので、タロット占いをしてもらう際には、実力がある占い師を選び事が鉄則だといえます。

また1枚のカードでイマイチ結論が出ない、そんな状況もあります。
そしてそんな場合は、周囲のカードも見て総合的に占い事が多いのです。
例えば10枚のカードで同じ属性のカードが何枚も出ている場合、人物のカードが多く出ている場合などは、その事に何か意味が込められていると推測する事が可能です。