あなたは付き合っている相手の血液型が相性がいいかどうか気になりませんか?
血液型占いって意外とよく当たりますよね。A型はみんな神経質なわけでもないし、大雑把なA型もいるのは事実です。
しかしA型は神経質な人が多くて大雑把な人が少ないし、O型は大ざっぱな人が多くて神経質な人は少ないのもまた事実です。
つまり総合的に見れば該当する人が多いと言えますし、それぞれの血液型にとって相性のいい血液型、相性の悪い血液型というのは確かにいるものです。

例えばある女性が今までに付き合った相手が5人いてそのうち3人はA型で相性もよく長続きしたとしましょう。
そして2人はB型で相性が悪くすぐに別れてしまったとしたら、次に付き合う相手は最初からA型の相手を選ぼうと思いませんか?
もちろんA型らしいA型とA型らしくないA型がいると思いますし、A型でも確実に相性がいいとは言えませんが、相性がいい可能性が高い方を選びたいと思うのは当然の心理です。

血液型は4種類しかありません。性格をたった4種類に分類出来るわけがありません。
そのためもっと細かく相性を見たいという場合には血液型と星座を掛け合わせて相性を見る方法もあります。
その場合だと4種類×12種類となるわけですから、バリエーションが豊富になりより精度がよくなると期待できそうですよね。

付き合う相手に関しては好きになった相手と両想いになれたら占いで相性が悪いという結果が出ても付き合って上手くいくケースも少なくありませんからあまり気にしない方がいいともいえるでしょう。
よい結果だけ信じて悪い結果は信じない、そんなふうに占いと付き合っていけばいいのではないでしょうか?