占いは対面でその人の顔やオーラを見なければ占う事は出来ないと思ってる人からすればメール占いなんて邪道だと思うかもしれません。
しかしながら実はメール占いの方が実力のある占い師が占っているケースが非常に多いのです。
なぜかというと?本物の占い師であれば占う相手が遠くにいようとオーラを見る事が出来ます。
そして本物の占い師ではない人だと会話の中から相手の情報を引き出し、まるで占いによってその事実を知ったかのように演出するからです。
つまりメールの占いでは会話がありません。
そのため占いの実力だけで判断されてしまうのです。

基本的にメール占いは占いのサイトに占い師が所属する形になります。
そしてメール占いは口コミの評価がリアルタイムに反映されます。
そのため当たらない占い師は口コミの評判は悪いので客がつかない、そうするとサイト運営側も利益を出さない占い師はクビにしてしまうので実力のある人しか生き残る事が出来ないシステムなのです。

そして占ってもらう側にはメール占いは他にもいろいろとメリットがあります。
まず外出して出向く必要がありません。自宅にいながら占いをしてもらえます。
それも平日の夜でも休日の深夜でもいつでも自分の都合のいい時365日24時間対応してもらえるのです。

そしてコストパフォーマンスもメール占いは非常に優れています。
自分の悩みや相談だけで占ってもらう時間を大幅に費やしてしまった・・・・なんて事がありません。
メールで文章にする事で自分が占ってもらいたい事がまとまりますし、占いの結果も文章として手元に残ります。
口頭で伝えられると半年後に運気がと言われたところで半年後にはその占いの内容をもう忘れてしまう事だってあります。
しかし文章で残せるのであれば半年後にもう一度読み返して、チャンスを逃さずに行動に移せる可能性は高いですよね。
占いが好きなら邪道だなんて理由でメール占いをしてもらわないというのは勿体ない話です。