占いの発祥は古くそれぞれの占いは長い歴史を持っています。
長い間、多くの人に信じられてきた占いとはそれだけ信用する価値がある占いだと言えるでしょう。
しかし例えば100年前と現在とでその占いが全く変化していないというわけではありません。
それは100年前と現在では私たちの生活様式は大きく変化していますよね。
インターネットの出現などもその1つですが、生活が大きく変化したからこそ、占いも全く昔と変化しないでは今の私たちを占ってもあまり効果がない、伝わりにくくなってしまうからです。
そのため根本的な部分は変わらないとしても、その時代に合わせた占いに進化しているのです。

例えば占いサイトなんてまさにその典型ですよね。
ネットがない時代にはありえなかった占い方法です。対面ではなくネットを介して占うからといって占いの本質や占いの結果が変わるわけではありません。
ただ利便性が高まり占いを信じる人が増え、占いがますます発展すればそれは占いにとっても望ましい変化と言えるでしょう。

また個別でも見てみましょう。
私たちは一度占ってもらった内容は変化しないと思っていませんか?
特に姓名判断や手相などの東洋占いにはその性質が高いように思えます。
だって名前が変わるわけじゃないし、手相は生まれてから死ぬまで変わらないから個人の手相が識別出来るでしょ・・・・と。
確かにその通りなのですが、5年前に占ってもらった結果と、今占ってもらった結果が同じになるとは限りません。
それな日常生活を送る中であなた自身が日々進化しているからです。
もし占いで嫌な結果が出たとしても、未来はあなた次第で変える事が出来るのです。