タロット占いには「正義」と呼ばれるカードが存在します。
正義とは正しい行いという意味の言葉です。
そのため、タロットカードの意味も、公平さ、正当性、正義がある、誠実さなどいい意味で解釈される事が多いのは事実です。

しかし、反面正義とは、人によって異なる概念だと思いませんか?
例えばある人にとって、正しいと思ってした事が、受け取り側によっては余計なお世話、勝手に価値観を押し付けないで欲しいと感じる事は多々ある事です。つまり見当違いや思い込みによって、正しい行為=いい行いになるとは限らないという事でもあります。

また誠実であるという事は、慎重に行動し大胆な行動が出来ない事を意味しています。
そのため誠実は人と付き合うと、優しく愛してくれるけれど、平凡でつまらない、もっと刺激が欲しいと物足りなく思われてしまうかもしれません。

そんな事まで望むのは贅沢だと思う人もいるかもしれませんが、価値観は人それぞれ異なるわけです。
相手のためを思ってしているのに・・・そう思ったとしても本当に相手のためになるのかどうか、それを決めるのは相手ですよね。

そして正義は逆位置になるとどうなるのかというと、公平ではなく、常識的ではない、恋愛の場合は一方通行の片想いという意味になります。正義の反対は犠牲なのかもしれません。
そのため、正義のカードほど、タロット占いの解釈が分かれてしまいます。
元々タロットカードは答えを1つ出すというタイプの占いではなく、解釈次第、その解釈も受取て次第なところがあります。
なので、もっと明確に答えを知りたいと思う人には、タロット占いはオススメ出来ません。

ですが、自分が悩みを抱えている時に、自分とは違う考えや解釈を知るという事は、視野が広がり、選択肢が増えるという事でもあります。
そのためタロット占いは解釈次第だから占ってもらう意味がないと捉える事は見当違いだと言えるでしょう。