「占い」に関してのインターネットの記述が多くありますが、怪しいものも多いです。特に霊視に関連するものです。霊視に関係ないのにタロットカードの話題を出したりします。タロットカードは、霊視とは全く別物です。少し読み進めると、いい加減な説明をしていることもあります。

占いについて調べたりすると、ウソの情報はすぐにわかります。例えば「霊視とはどういうものか」なんてもっともらしい見出しをつけています。内容はお笑いです。「書いて字のごとく」という表現があればアウトですね。説明になっていません。霊を映像として見ることがきる能力だといいます。だれがそれを証明するのでしょうか?

私には霊視能力があると言えばそれで通るのでしょうか?人物をみるだけで、前世のことや未来のことが鑑定できるといいます。こういった鑑定師が堂々と電話鑑定サイトに出ています。説明を読み進めると、気になる記述がでてきます。「鑑定結果には個人差があります」と。当たると評判の高い鑑定師は存在しますと、その人物は記載しています。

じゃあ、誰なの?と説明記事を読んでも具体的な名前はでてきません。鑑定結果が良いと信じるけれど、悪い鑑定だと信じたくないとの記述があります。なにやら釈然としない説明ですね。あげくの果てには、悪い鑑定結果を言ってくれる鑑定師の方が信憑性が高いと説明していますが、その理由の説明は有りませんでした。

まとめとして、少し費用が高くても人気がある鑑定師に見て貰うようにしましょうと書いてあります。完全にステマ記事ですね。私は電話占いサイトは好きで利用しています。でも中には、とっても怪しい説明のところもあります。騙されてはいけません。しっかりと信頼できる占いを選ぶようにしましょう。それには、怪しいところを見抜く目を磨くことです。