タロット占いのカードの絵柄の中では「太陽のカード」は有名でよく知られているカードだと言えます。
またタロット占いの事をよく知らない人だって、太陽という言葉から悪い事をイメージする事はないはずです。

実際のところ太陽のカードの意味は、幸せ、満足、活力などの明るいイメージの言葉が並びます。
そのため恋愛相談をしている時に、太陽のカードが現れたら、その恋愛は上手くいく、ハッピーエンドになる。
そんな解釈になるのが一般的です。

ただし、注意点としては太陽は明るいという事です。
明るいところでは全てが明るみに出てしまい、隠す事が出来ないという事を意味しています。
つまり恋愛としてある男性と付き合っているけれど、もう別れたいと考えていて、新しい出会いを求めているとしましょう。

いくら別れたいという気持ちがあったとしても、現時点では別れていないわけですから、そんな状況で新しい出会いを求めて付き合う事になれば二股状態になってしまいます。
そんな状況で太陽のカードが現れた時は、二股状態が明るみに出てしまう可能性があるので、一刻も早くバレたら困るような関係は清算するべきです。

そして太陽のカードも正位置であれば、プラスの意味が多くなりますが、逆位置になってしまうとどうなるのでしょうか?
この場合も付き合う事は出来るかもしれません。
ですが楽しければいいという刹那的な関係の可能性が高くなります。
つまりあなたが望んでいるような真剣な付き合いではなく、遊ばれている可能性が高いと言えるでしょう。
もしかしたら快楽をともにするセフレという位置づけの可能性もあります。

逆位置で太陽のカードが出た場合は、どのような気持ちで付き合っているのか、一度問いただした方がいいかもしれません。
もしかすると、2人の間で、付き合う事の意味がまるですれ違っている可能性があるからです。
付き合えたから相思相愛だと考えるのはちょっと早計だと言えます。