転職は人生の大きな転機となる出来事です。
もちろん転職により今までの仕事よりも自分の能力を発揮できる。給与が上がったという場合は喜ぶべき事です。
しかし転職をした人がみんな上手く行くわけではありません。
むしろ転職をした事により前よりも職場環境が悪化してしまったなんて人も少なくありません。

その場合転職が失敗したからといって、すぐに次の転職をするわけにもいきません。
1度の転職であればキャリアアップのためのプラスに企業も捉えてくれます。
しかし何度も転職が続くと、この人は仕事を続ける根気がない人だと、マイナスの印象を持たれてしまい転職に不利な状況になるためです。
最近は正規社員として転職をする事は難しく、正規社員ではなく非正規社員として転職する事になると、その後正規社員に復活するのはかなり厳しい道のりになると言えるでしょう。

つまり一度の失敗が人生を大きく狂わせてしまう。
転職にはそんなリスクを伴っているわけです、
では転職をする際に、自分が転職向きなのかどうか手相で占ってもらう事をおススメします。
占いでビジネスの事を占うという人は決して少なくありません。

そしてビジネスの中でも手相には、転職線と呼ばれる線が存在します。
転職線は人差し指の付け根の木星丘と呼ばれる場所に現れます。
転職線がある人は、どんな環境に置かれても自分の能力を発揮する事が出来る人でどこでも成功する事が出来ます。
そのため転職する事にリスクを覚える必要がないと言えるでしょう。

また手相はある1本の線だけで判断するよりも、総合的に複数の線で判断する方が、より的中率が上がると言われています。
そのため転職線と一緒にみたい手相にはどんなものがあるのかというと、まずベンチャー線と呼ばれる線です。
この線があると、ベンチャー向きの人で状況に応じて臨機応変に対応する事が出来ます。

また頭脳線も一緒に見ておくといいでしょう。頭脳戦の場合は血色がいい時は才能が生かせられている状況の時で、黒ずんでいる時は才能が生かし切れずにトラブルを抱えている時だと言われています。
転職により人生は大きく左右されるので、占いの結果が違っていたなんて事にならないように、転職線だけでなく複数の線を総合的に見て判断するとより精度の増した占いの結果になると言えます。