手相占いは人気の占いの1つですが、手相占いに関して疑問がある人もいるでしょう。
ではそんな疑問に対して、いくつか答えていきます。
まず「手相は遺伝するのでしょうか?」

親は自分の子供に幸せな人生を送って欲しいと思っているので、自分のダメなところは遺伝して欲しくないし、自分のいいところは遺伝して欲しいと思うものです。
例えば手相が強運の持ち主の場合、子供にも自分の手相が遺伝して欲しい。
そんなふうに思うかもしれませんが、実際のところ手相は遺伝するものではありません。

手相とは一人一人全く異なる手相を持ち、誰一人として同じ手相は存在しません。
また同一人物であっても、手相は日々変化しているので、昔と今とでは生き方次第で大きく手相が異なる場合もあります。
ですから親子であっても手相が遺伝する事はないのです。

でも、親がお金持ちならば子供もお金持ちになるケースが多い、これってどちらも金運がいいからじゃないの?
そう考える人もいるかもしれません。
ですがむしろ、それは遺伝ではなく、育った環境が関係していると言えるでしょう。
お金持ちの子供がお金持ちになるのは、まず親がお金をかけて子供を教育するため、学歴を手に入れる事が出来ます。
また親のコネがありいい会社に入社する事が出来るかもしれません。

そして極め付けには親の遺産を子供が受け継ぐわけです。
当然親の遺産を受け継ぐ訳ですから、お金持ちの親なら子供もお金持ちになるのは当然の事だと言えるでしょう。
つまり手相による遺伝は関係なく、環境んよって親子の人生は似てくる事は否定出来ません。

では次に「手相は左右で同じなのでしょうか?」
これに関しては、今自分の手相を左右同じかどうか見比べてみて下さい。
左右で違っている事が分かるはずです。

そして手相占いでは、右利きだから右手だけ手相をみれば占えるというものではありません。
左右で手相が違うからこそ、両方の手相を見て占い事が必要だと言えます。
〇〇線が両方に出るケースは稀で左右のどちらか片方にしか出ない線もいろいろあります。
だからこそどちらか1つしか手相を見ないのでは、精度の低い占い結果しか出す事が出来ません。