性格分析なんかする必要ない、自分の事は自分が一番よく知っていると思っている人は多いと思います。
しかし自分が知っている自分とはほんの一部分にすぎないのです。
例えば自分は他人からどう見られているのか、それは自分では絶対に分からない事ですよね。
客観的に見ればいいと言ったところで、どうしても自分を本当の意味で客観的に見る事など誰も出来ないからです。

そのため占いで性格分析をする事で自分の意外な一面などが見えてきたりします。
性格分析を得意とする占いは占星術です。
星や月の動きをもとにして、その人の性格だけでなく運命や相性、前世までも見る事が可能です。
もしあなたが前世は武士でしたと言われても武士と言われても現世に武士なんて存在しないし分かったところで何の役にも立たないと思うかもしれませんがそうではありません。

前世を知るという事は武士だったという事だけ知ればいいというわけではありません。
どんな性格の人でどんな人生を送ってきたのか、それを知る事で自分のトラウマを克服する鍵になったり、コンプレックスがなくなるきっかけになるかもしれません。
また今度どのような分野で活躍をし、どのような人生を送れる可能性があるのか見えてくるかもしれません。
もちろん前世でいい人生を送っておらずに、悪い事ばかりしてきた結果現世では前世からの因縁があり辛い困難が待ち構えているなんて占われたらガッカリしてしまいますよね。
前世の自分が悪いのだとしてもそれを現世の自分が償わないといけないのはおかしいと思うでしょう。

しかしそれを知る事で現世は悪い事をせずに真面目に誠実に生きようと思える事こそ前世を知った意味があると思いませんか?