占いに詳しくない人でも手相占いがどんな占いなのかはイメージ出来ますよね。
それぐらい知名度がありますし、また当たると評判の占いでもあります。
手相占いは分かりやすいという特徴があります。
手相を見て生命線が長ければ長生きするというのは手相を見て、その手相の意味を調べれば誰にだって占う事が可能です。
つまり手相の本を片手に自分で自分の手相を占う事は十分に可能なのです。

ちょっと気になるけど、占い師に相談するのは恥ずかしい内容もありますよね。
そんな時は自分で手相を調べてみるといいでしょう。
手相でよく言われるのは歴史上の人物の手相です。
例えば天下をとった豊臣秀吉や徳川家康はどちらも同じタイプの手相を持っていて感情線と頭脳線が横で一直線になっていたと言われています。
つまりこれが天下をとる事が出来る手相だという事です。

もちろん現代社会で天下をとるなんて機会はそうそうありませんが、それはビジネス界で頂点をとる事だったり、スポーツ界や芸能界で頂点をとる事を意味しているかもしれません。
しかし自分の手相を見てガッカリする事もあるでしょう。
この手相があったらいいのにと期待してみたけどなかったというケースです。
私たちは手相は指紋と同じように個人によって異なるし、また一生変わらないものだと思っているかもしれません。
確かに個人によって異なるのは事実ですが、手相は生き方で変化していくものです。
金運アップの手相がなかったら、金運アップをするためにボールペンで手相を書き込むと効果があると言われています。
つまり手相に意識を促すという感じなのでしょう。面白いですよね。